クレジットカードが世界で使える訳/インバウンドとアウトバウンド

クレジットカードが世界中で使えるようになったのは、
メインブランドといわれる国際ブランドが世界中に張り巡らせたネットワークの
おかげであると言われています。
メインブランド会社に代表されているのが、VISA、マスター、アメックス、JCBなどになります。

これらの会社は世界各国の銀行など主要な金融機関と提携を行い
加盟店を増やしていったのです。
日本でも同様で特にJCBやVISAが強くなっています。
国際的に見るとVISAとマスターが二大ブランドとなっており、
現在ではVISAの一人勝ちとも言われています。

このように世界中にネットワークを張り巡らせることに成功した
クレジットカードのメインブランドが存在するからこそ
今日のように便利にカードを使うことが出来ているのです。
 
 
 
コールセンターの業務には2種類あります。
まず、インバウンドと呼ばれる広告をみたことで電話をかけてくる
見込み客を相手にする業務のことで、顧客獲得に繋がる
重要なマーケティング手法と言われています。

次に、アウトバウンドと呼ばれるもので、コールセンター側から
キャンペーンや督促などを自発的に行う業務のことです。

このようにインバウンドとアウトバウンドをコールセンターで
円滑に進めることによって回収率をあげたり顧客獲得を行うわけです。
また、消費者金融業界でも有人店舗を減らす傾向にあり、
その代わりにネットキャッシングに特化するような動きがあります。
これらが示すようにコールセンターは顧客とコンタクトを取るために
非常に重要であり唯一のパイプ役となりつつあるといえるでしょう。