クレジットカードのサブブランドとは

クレジットカードのサブブランドとは国際的に使用が可能となっている
メインブランドとは異なり、国内の都市銀行が共同や単独で出資することで
生まれた国内クレジットカードブランドのことです。
例えば、DCカードやUCカードなどがサブブランドに該当します。

最初からサブといわれていたわけではなく、
世界戦略を進めてきたVISAやマスターの日本国内市場の圧迫によって
サブに追いやられた形となったのです。

サブブランドでは海外で通用しないカードとなるため、
海外旅行が日本人にとってのレジャーとなった今では
国内でしか使えないカードというのは利用する価値が薄れている
状態となっているのです。
会員が増えないカードは衰退する一方となっていくでしょう。
 
 
提携カードは頭打ち
家電量販店や百貨店と提携してカードを発行することを
提携カードといいますがメインブランドのマークや信販系などの
サブブランドマークが付いたカードとなっています。

現在では法改正によって加盟店の管理強化が求められていることから
無駄な提携カードは廃止される方向に進んでおり、
カードの発行に関して言えば頭打ちと言えるでしょう。

クレジットカードの草創期であればこのような提携カードも
爆発的に発行枚数を増やしたようですが、
現在のように一人が複数のカードを持つ時代になってしまった場合、
その役割というのは薄れてきているといえるでしょう。