クレジットカードの使い道

クレジットカードの使い道はショッピングとキャッシングの二つに分けることが出来ます。
ショッピングはその名のとおり商品を購入することで、
キャッシングはお金を借入することです。

大半のクレジットカードにはショッピング枠と、
キャッシング枠がそれぞれ別々に設定されており
基本的にショッピング枠のほうがキャッシング枠よりも多目に設定されています。

リボ払いが可能というのもクレジットカードの大きな強みであります。
住宅ローンなどのように返済期限がないのもクレジットの特徴でしょう。
長く出来れば半永久的に使用してもらいたいということが
この返済期限の設定なしという戦略に繋がっているといえます。
クレジットカード会社は出来る限りリボ払いして欲しいため、
色々なキャンペーンを駆使してリボ払いになるような仕組みを構築しているのです。
 
 
会員、加盟店、カード会社の三者関係
会員にとってクレジットカードを利用するメリットは
支払が後回しになることと分割払いが可能になることでしょう。
毎月の支払を抑えつつ商品を購入できるのは大きなメリットです。

次に加盟店にとってはクレジット決済の手数料を払ったとしても
現金では購入しないような商品でも購入意欲を掻き立てることが出来ること
そして少しでも多く商品を購入してもらえることから売上アップを狙うことが出来ます。

最後にカード会社は会員と、加盟店の両方から手数料を徴収できます。
会員からは分割払い時の利息と年会費、
加盟店からは手数料、売上手数料、信用端末の使用料金などがあります。

このように会員と加盟店、カード会社はクレジットという関係の中で
それぞれがメリットを享受しているといえるのです。